マツダは、9年ぶりに全面改良したピックアップトラック「MAZDA BT-50」を世界初公開した。新型BT-50は、いすゞ自動車からのOEM供給を受けマツダの自社ブランド車として、2020年後半よりオーストラリアから販売を開始する予定。
BT-50は、2006年のデビュー以来、オセアニア、ASEAN、中南米、中近東、アフリカなどを中心に販売され、スポーティで力強いデザインや、シーンを問わず使用できる高い走行性能、機能性などが、アクティブにピックアップトラックを使うお客さまに支持されてきた。2度目となるフルモデルチェンジでは、ドライバーに歓びと楽しさをお届けするクルマを目指し、いすゞ製ピックアップトラック「D-MAX」をベースに、デザイン、使いやすさ、安心感を追求した。特にデザインにおいては、マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」でピックアップトラックならではの力強さ、タフな機能性、道具感を表現している。また、移動やともに過ごす時間がより楽しいものなるよう、ピックアップトラックの幅広い用途やさまざまな使用シーンにおいて、アクティブなニーズにしっかりと応える、走行性能、機能性、安全性を実現した。

 

 

【商品概要】

エンジン:3.0ℓ ディーゼルエンジン
トランスミッション:AT
駆動:4WD

 

 

マツダコールセンター
☎0120-386-919(平日9:00~17:00/土日祝9:00~12:00、13:00~17:00)
www.mazda.co.jp

 

 

ⓒOUTDOORあそびーくる