トヨトミは固形燃料ランタン「Re:ful(リフル)」の予約受付を開始した。
今回はトヨトミ公式オンラインショップ(トヨトミホームプラス)内でのみの予約受付となる。
 Re:ful(リフル)は老舗石油ストーブメーカーであるトヨトミが、 「炎の新しい価値の創造」を目指して開発を進めてきた製品で、2019年9月にクラウドファンディングに挑戦し、2か月間で約120人から総額約430万円の支援を達成して製品化された。瞬く間に過ぎていく時間に流されて、なかなか心にゆとりを持つことができない現代。それに加えて新型コロナウィルスの感染拡大によるリモートワークの普及などで、これまで以上に公私の切り替えや、 気持ちにメリハリをつけることが難しくなっている。そんな人たちの「心を切り替えたい」、「気持ちを落ち着かせたい」という思いに、「本物の炎」の持つ力で応えられたらという願いが、 Re:ful(リフル)の「炎の揺らぎと香り漂う特別な15分」というコンセプトには込められている。
 古来から炎は人の心に大きな影響を与えてきた。現代でも、キャンプファイヤーの炎を眺めれば子どものようにワクワクと心はたかぶり、焚火の炎をそばに見ながら友人や家族と穏やかに語り合う。そんな「本物の炎」の持つ魅力をRe:ful(リフル)で体感してみてはいかがだろうか。
 特筆すべきは、Re:ful(リフル)の最大の特長である「手で包むと火が点く」仕様。ボディに使用された天然の木のぬくもりも感じながら、両手でタッチセンサーを包み込むと点火。もちろん、マッチもライターも必要ない。火とともに70余年を歩んだメーカーだからこそ実現できた安心安全の技術だ。また、炎はガラスフードに覆われているため、燃え移る心配がなく置き場所を選ばず使用できる。ガラスを回しながら空気を吹き込む「回し吹き」で成型されたガラスフードは、その一つ一つが職人によって加工されているので、量産されるガラスと違い一つとして同じ仕上がりのものは存在しない。量産した工業製品では決して出すことのできない魅力を持った、世界で一つだけのガラスフードとなっている。
 また、国産の山桜の原木から削り出して製作しているボディも、木目や色味が同じものは一つとしてなく、思わず両手で包み込みたくなるような、木のぬくもりや手触りを感じられる味わいとなっている。
 燃料には取り扱いが容易な固形燃料を採用。固形燃料はフィルムに包まれているので、直接触れても手が汚れにくくなっている。また使用後もアルミ箔にわずかな燃えがらが残るだけなので、後始末も容易だ。炎の揺らめきと一緒に、気分に合わせてさまざまな香りが楽しめるのもRe:ful(リフル)の特長。使用シーンや気分で選べる香りは、全部で5種類。アロマタブレットになっているため、本体にセットして点火するとほのかな香りを楽しめる。

 

 

 

 

【商品概要】
商品名:「Re:ful(リフル)」
型式:FL-15CW
点火方式:電池点火(アルカリ乾電池単三形4本使用)
使用燃料:固形燃料(リフル専用、主成分:メタノール)
燃焼時間:約15分(リフル専用固形燃料1個当たり)
外見寸法:高さ229mm、幅160mm、奥行160mm
質量:約1.2kg
安全装置:設置検知(持上げ時通電OFFスイッチ)
付属品:消化フタ1個
税込価格:39,600円

[予約受付期間]
2021年1月8日(金)9:00~2021年1月31日(日)23:59

[予約受付先]トヨトミ公式オンラインショップ(トヨトミホームプラス)
URL:http://www.toyotomihome-plus.jp/fs/toyo/gr1/FL-15CW

[お届け予定日]
2021年4月頃、順次発送予定

 

 

 

Re:ful(リフル)公式ウェブサイト
www.toyotomi.jp/reful/

 

 

 

ⓒOUTDOORあそびーくる