TOYOTAは、RAV4のプラグインハイブリッドモデルとして、RAV4 PHVを発売した。
RAV4は、1994年に初代モデルを発売して以来、クロスオーバーSUVのパイオニアとして新たな市場を切り拓き、先導し続けてきた。2019年4月には5代目RAV4を発売。ダイナミックトルクベクタリングAWDをはじめ3種類の4WDシステムが示す優れた走行性能、SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン、そして、あらゆるシーンに応える、広いラゲージスペースと便利な気配り空間などが、高評価を得ている。
新型車RAV4 PHVは、RAV4が目指した「Fun to Drive」をさらに突き抜けるべく、新開発のプラグインハイブリッドシステム「THSⅡ Plug-in」を採用した。RAV4のハイブリッドシステムよりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、システム最高出力225kWを達成しスポーティで力強い走行を可能とした。また、EVモードでの「走りの楽しさ」を長く堪能いただけるように、クラストップレベルのEV走行距離95kmを実現。優れた環境性能も両立させている。

 

新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載し、「走りの楽しさ」を追求。システム最高出力は225kW(306PS)を達成し、モーターを最大限活用することで瞬時の加減速が可能。さらにPHVならではのエンジンによるアシストも加わり、0-100km/h加速タイムは6.0秒と力強い加速を実現。

 

TNGAプラットフォーム(GA-K)を採用し、大容量リチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に搭載。さらなる低重心化、重量バランスの最適化を追求。ドライバーの感性を重視した上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現。

 

停電・災害時などの緊急時やアウトドアに役立つ、最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。ラゲージ内に設置されたアクセサリーコンセントに加え、付属のヴィークルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして利用可能。

 

「BLACK TONE」専用色として、ブラックが映える2トーンカラーの全5タイプを設定。2トーンカラーは、ボディ下部に加えルーフとドアミラーをアティチュードブラックマイカでコーディネート。洗練された都会的なイメージを表現。

 

合成皮革シート表皮採用のスポーティシートを全車標準装備。「BLACK TONE」と「G“Z”」には、陰影を際立たせる横基調のキルティング意匠とレッドリボン加飾で上質さの中に力強さを演出。また「G」は、メイン材にファブリックの快適性と革のような質感を併せ持ったレザテックを採用し、スポーティ感とシート全体の質感を向上。

 

【商品概要】

ハイブリッドシステム:リダクション機構付のTHSⅡ Plug-In(A25A-FXS 2.5ℓ ダイナミックフォースエンジン)
駆動:E-Four
税込価格:4,690,000円~5,390,000円

 

 

トヨタお客様相談センター
☎0800-700-7700(9:00~18:00、年中無休) toyota.jp

 

 

ⓒOUTDOORあそびーくる