アウトドアブランドのLOGOSから、デザイン面の新境地を目指した「LOGOS GLAMBASIC(ロゴス グランベーシック)」シリーズより「グランベーシック AKUBIタープ-AI」と「neos AKUBIタープ-AI」の2種類を発売した。
このシリーズは、まるであくびをしているような形状の新型タープで、前面をアーチ状にする独自の構造によって前を遮るものをなくし抜群の解放感を実現した。またアーチ状フレームにすることで耐風性が向上し、組み立てを容易にしている。前面・後面ともテントと連結が可能で、特に全面は大きく開いているのでクルマを連結すれば豪華なオートキャンプが楽しめる。タープ後方のポールは中央に4本継ぎ、左右に3本継ぎで組み立てられ、それぞれの継ぎ数を変更することで高さ調節が可能だ。時間帯や日差しのよりタープの角度を柔軟に操作できるため、使い勝手バツグンだ。さらに持ち運び便利な収納バッグ付きだ。
「グランベーシック AKUBIタープ-AI」は、オフホワイトのカラーが印象的で、テント生地には耐久性に優れた「ポリエステルオックスフォード」を使用。フレームには航空機にも使われている「7075超々ジェラルミン」を採用し、丈夫かつ軽量を実現している。価格は39,000円(税別)。
「neos AKUBIタープ-AI」は軽量ながらシートをしっかり張れるので耐風性に強い商品だ。簡単に設営ができるうえ、耐水圧2000mmの生地を使用した。価格は26,000円(税別)。

(問)ロゴスコーポレーション・コンシューマ係
TEL0120-654-214 http://www.logos.ne.jp

 

©OUTDOORあそびーくる

カテゴリー: CAMP