T3との出会いから広がるアウトドア

日を追うごとにアップデートされ、使いやすく無駄のないデザインにとってかわる現代のキャンプギアの数々。そんな時代の流れに逆らうかのように、’89年型T3カラベルにビンテージギアを目一杯詰め込み、週末のたびにアウトドアでローテクバンライフを愛するmaーboーさん。愛知のビンテージ雑貨屋jam dayのスタッフとしてビンテージギアに毎日のように触れ、ローテクライフを満喫している。バンライフの相棒はカラベル。馴染みのあるヴァナゴンとは名称が異なり、ヤナセが販売していた右ハンドルモデル。ブラウンとベージュの落ち着いた色味の純正ツートンがお気に入りで、使用に伴う経年変化でアジが出たギアとも好マッチングしてくれるのだ。

1点モノのギアに囲まれるローテク・バンライフ

アウトドアに興味を抱いてすぐの頃は、最新ギアも積極的に取り入れていたというmaーboーさん。しかし、すぐに新しいギアにアップデートされる繰り返しの中で、流行り廃りを追いかけるより、好みのギアを長く大切に使いたいと考えるようになった。そのときから、以前から興味があったビンテージギアのサルベージに力を入れるように。週末1人でゆったりするときは、小さめのコットンテントを準備。昼間はカラベルのタープの下で、風を感じながらコーヒーブレイク。ハイスタイルテーブルとチェアは、断然ウッド素材がお気に入りだ。ビンテージゆえに時代の流れに左右されることなく、自分らしいスタイルを楽しめる。
収納性の面では、現代のギアより大きく、どうしても難のあるビンテージギア。だが、カラベルの広大なラゲッジスペースがあれば積載は余裕でクリアできる。ハンドメイドのウッドラックでラゲッジの収納性を高め、ローテクゆえの不便さも楽しむゆとりが醍醐味のひとつでもある。また、3列シート搭載で、大人数でのお出かけにも対応できるポテンシャルの高さも秘めている。あとは、その少し抜けたようなフォルムと丸目、FLAT4エンジン搭載モデルだったことも合間って、maーboーさんがカラベルを相棒に選ぶには十分すぎる条件がそろっていた。
ビンテージギアと相棒のカラベル。流行や回りの目を気にしなmaーboーさんのスタイルによって、自分だけの至福のひとときが流れる。

1989年式 Volkswagen CARAVELLE

独特なスクエアフォルムがかわいいカラベル

本国ドイツからの輸入車両はヤナセが販売しており、T3カラベルの名をもつ。国内市場で販売されていたことを物語る右ハンドルが特徴的。水平対向4気筒・2.1ℓエンジンを搭載しており、このベースは2WDの後輪駆動。シートは2・2・3列の7人乗りとなる。
当時モノのFIAMMAのカーサイドオーニングは、赤とベージュのプリント柄も雰囲気満点。2本の足は、縮めてコンパクトにすればきれいにカーサイドに収まるため、外遊びにはもってこい。

マルシャルのコットンテントで<br>スローで安らぐ空間を演出

オレンジとベージュのコットン生地が優しげな印象のマルシャル社製コットンテント「CHAUMIERE」は、2〜3人用の同ブランドの中では小さめなサイズ。テントの側に設置したキッチンには、コールマンの425Cツーバーナー、’50年代のARCTIC BOYのメタルジャグとKNAPP MONARCHのクーラーボックスを備える。こまめなメンテナンスで機能性を保っているので、普段使いには十分なのだ。
オレンジのコットン生地を通じて入る光が、アンバーな室内空間を演出。テントの側面には緑とオレンジの半円模様がプリントされたカーテンが付属し、朝日を浴びながら外の景色も楽しめるつくり。フォールディングチェアやサイドテーブル、ステップラダーなど、家具として利用するギアはウッド素材で統一している。

積み込み上手なラゲッジ内の<br>ビンテージギアを紹介

’20年代のTRESPADE社製メタルコーヒーミルでオリジナルのブレンド豆を挽く。’50年代もののアメリカンガスマシンのシングルストーブの上に置いた、’60年代エナメルパーコレーターで、淹れたてコーヒーを楽しむ。スマイル柄の鍋敷きが、テーブルの上に華を添えている。
寒い季節のキャンプに欠かせない暖をとるアイテムとして、’20年代のNESCO製メタルオイルヒーターを活用。1台あれば快適な室内温度を保てる優秀さと、天板でポットのお湯を沸かすこともできる。’40年代のブランケットにくるまりながら、読書に耽るのも一興だ。

©OUTDOORあそびーくる